悩みの肝斑治療に関する情報をお届けしています。
最も有効的な肝斑治療の方法

最も有効的な肝斑治療の方法



最も有効的な肝斑治療の方法ブログ:16-7-12


減量を心がける人たちが、
やせるだろうと思って口にしてしまうのが食パンです。

軽くて量も少ないので、食べた後ウエストが出っ張りにくい。
そのため減量をしようとする人は、
食パンを主食にしてしまいがち…

しかし、
食パンには減量に不向きな点がいくつもあります。

まず食パンは、小さいながらも高カロリー。
その上、ビタミンやミネラルがほとんど含まれていないのが特徴です。
しかも、食パンだけでは味がないため、
ほとんどの場合、バターやマーガリンなどを使って味付けしますよね。

ただでさえ高カロリーな食パンに、
油分のかたまりであるバターやマーガリンを使うのは、
さらに高カロリーにしてしまうだけです。

さあ、ここまではまだいいとして、問題なのは次です。
食パンの特徴は、少量で満腹を感じやすいことです。

なぜ少量で満腹感を得られやすいのかというと、
消化・吸収の早い「小麦粉」を使っているからです。
小麦をひいて粉の状態なので、そもそも消化が非常に早い。

しかし、これはいいようで、実はよくないのです。

食べて間もなくすれば血糖値が急上昇します。
すぐに満腹感を得られますが、消化・吸収がよくて急激に上がった血糖値は、
すい臓から血糖値を下げるインスリンを分泌され、
その後は急激に下がります。

そのため、食パンを食べてすぐに満腹感を得られても、
またすぐに空腹を感じやすくなります。

その結果「食べる量が多くなる」のです。

さっき食パンを食べたばかりなのに、
しばらくたてば不思議とまたウエストが空くのはそのためです。

ですから、食パンを主食にしている人は、
すぐにウエストが空きやすくなり、
我慢をする時間が長くなるわけです。
だから、減量に挫折しやすいのです。


最も有効的な肝斑治療の方法

最も有効的な肝斑治療の方法

★メニュー

最も有効的な肝斑治療の方法
くりぬき法とQスイッチレーザーでホクロ治療
早急に皮膚改善出来るしみ治療
レディエッセのプチ隆鼻術で理想的な施術
若返りなら効果的なボトックス注射
悩めるニキビを治すなら皮膚科や美容クリニック
お肌のハリを取り戻し美しくするフェイスリフト
豊胸手術で人気のヒアルロン酸を使った施術
有効なレーザーを皮膚に効果的に照射しそばかすの治療
静脈瘤へのレーザーによる治療


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)あらゆる美容整形関連情報ナビゲーション