もし本気で美容を求めているのでしたら、とにかく美容に関する知識を身に付けておく必要があります。
インターネットでも雑誌でも美容対策方法を勉強することが出来ますのでまずは勉強をしてみてください。 今まで弁が壊れた静脈を手術によって引き抜く「ストリッピング手術」が主流でした。
しかしこの手術では傷跡が残ってしまったり、1?2週間の入院が必要になるなど患者の負担も高いというデメリットがあったのです。

 

最近急速に普及してきているのが、レーザーを使った静脈瘤の治療法なのです。
レーザー治療は、局所麻酔のみで皮膚を切ることなく施術することができ、痛みや傷跡がほとんど残りません。静脈瘤というのは、足の静脈の血液が本来とは逆の方向に逆流してしまうのを防ぐ弁が機能不全に陥ってしまうことです。
その結果血液が静脈内にどんどんと溜まってしまうことによって発症してしまう病気なのです。



静脈瘤へのレーザーによる治療ブログ:19-1-22

グッドアフタヌーン(気取りすぎ?

一週間前、高齢のママと買い物をすませ、
車を停めているショッピングセンターの駐車場に向かいました。
ママはいつも車の後部座席に座ります。

病気をして何ヶ月も外出していないので、
少しボーっとしています。

後ろでママがドアを弱く閉めたので、
「ドア、ちゃんと閉めた?」
と運転席から聞くと、

ママは
「ちゃんと閉めたよ」と答えました。

駐車場は混んできて、
オレが車を出すのを
さっきから横で待っている車もいます。

急いで出なくては、
とあせって出ようとしたその時…

「半開きですよ!」と声がしました。

あわてて外に出て見ると、
後ろのドアは一見閉まっているのですが、
確かに半開きでした。

走り出してドアが開いたら、
事故にもつながりかねません。

「ママ、ドアが半開きやで!」
とママに言い、
外に出てバタンと閉め直しました。

声をかけてくれた若い男性は、
オレの車から1、2台隔てた車の人で、
わざわざ教えにきてくれたのでした。

「ありがとうございました」
とお礼を言って、駐車場を出ました。

それにしても、よく気がついて教えてくださったなぁ〜と、
改めて感心しました。

オレなど、隣の車のことでも気がつかないと思います。
ましてや隣の隣の車なんて…

どうして気がついたのか不思議でした。
たまたま目に入ったので、知らせてくれたのでしょうか。

もしかしたらオレ達の声が聞こえたので、
さりげなく見てくれたのでしょうか?

偶然に見つけてもらえた不思議に心から感謝しながら、
「世の中には本当に親切な人がいるね」
とママと話しました。


今日は、ここまで。

このページの先頭へ戻る